親の代の共有不動産

2018/11/10

皆さんのご両親が、それぞれのご兄弟と不動産を共有してる事は有りませんか。もし共有している場合には早めにその共有状態を解消する事をお勧めします。

将来、行き来のある親戚とならまだしも、あまり付き合いの無い親戚と管理に関する費用や税金の支払いの為にお金のやり取りをやらなければならなくなります。また、万一親が痴呆になってしまった時にその共有不動産に関する法律行為を共にしなければならない事になると、先方から成年後見の申し立てをされてしまう可能性も有ります。財産の額にも依りますがいったん職業後見人が付いてしまうと、月々2~3万円を生涯支払う事となってしまいます。

地方の田・畑・山林・家屋など誰も使わなくても維持費と税金はかかります。親の代が亡くなってしまうとその子どもたち又は孫たちとより複雑になってしまいます。

親の代が元気なうち(認知症になる前)に早めに解決しておきましょう。
 

メニュー

東京都大田区池上3-39-12
常盤ビル309

03-5700-7355

営業時間
10:00~18:30/日曜祭日 定休

ご相談はこちら

PAGE TOP